私の投資方法

(TOPに戻る)

私が株式投資をする時と方法を紹介しています。

 

株好きの情報交換掲示板 管理人が現在もっている株 お得な金融関連商品 クレジットカードを比較・解説
証券会社比較一覧表 株式投資の売買記録 激安家電・家具・PC関連商品 お得な美容全般・健康グッズ・健康食品
株式投資に役立つサイト 管理人の損益情報 激安旅行ツアー・旅館・ホテル・航空券 出会い総合サイト 恋愛ナビ
チェック中の銘柄 株主優待株一覧 激安ショッピング全般・モール・オークション 相互リンク希望の方はここ
買ってみたい株 初心者にもわかる株式用語一覧 節約!生命保険・自動車保険 お問い合わせ

 

 

★私の投資方法★

1、バリュー投資法

私の投資方法は簡単にいえばバリュー投資と呼ばれる投資手法です。バリュー投資とは、企業の価値に重点を置き

割安な銘柄を探して買うやり方で、そのために、配当利回り、PER、PBR、PCFRといった指標を重視する。

主に割安な超低位株を短期や長期で売買しています。

銘柄選びは値上がりランキングや出来高ランキングをみて選んだり、ファンダメンタルズ分析で割安な株をさがします。

私の主に使う指標はPERやPBRやROE、有利子負債、株主資本率を見ます。

超低位株で売られすぎて値が下がった株を購入して上がるまで持ち続けます。

リスクとしては、超低位株だけに倒産により株式の価値がなくなってしまうことが考えられる。

持ち続けているだけに情報の入手が遅れると売却できない可能性もある。

2、安定型投資法

株価の上下が安定した安定期(BOX相場)に、値幅(1円〜3円)を決めて売買する投資法。

利益が小さいが、デイトレード、スイングトレードが基本となるため、リスクが抑えられる。

まずは安定期に入ったという判断が必要。大きく動き出した時には早めに撤退する勇気が必要。

買値、売値、保有期間を決めて売買することが重要である。

3、グロース投資法

グロース投資法とは、将来の成長性が高いと見込まれる業種や企業を探して投資する手法です。

時代をリードする産業が変わる時期や、不況から好景気に移り変わるときに向いているやり方といえる。

4、テクニカル分析の一目均衡表

5種類の線を引いて作図し、それらの線の位置関係により総合的に売買の判断を行うテクニカル指標の1つです。

「株価だけでなく時間も均衡する」という考え方をもとに、過去の値動きとの位置関係などを見ながらトレンドの動き

を予測する独特な分析手法だ。

私の使っている週足ベースの一目均衡表では、過去の26週の最高値と最安値の平均値を「基準線」、

過去9週の最高値、最安値の平均線を「転換線」、基準線と転換線の平均値を26週未来へスライドさ

せた短期先行線の「先行スパン1」と過去52週の高値と安値を26週未来にスライドさせた「先行スパン2」

現在の株価を26週過去に移動させた「遅行スパン」の5つの線から成り立つ。

基本的には

1、転換線が基準線を上抜け

2、遅行スパンが株価を上抜け

3、株価が雲を上抜け、の順で買いシグナルが強まり、その逆なら売りの判断材料となる。

雲と呼ばれるものは、先行スパン1と先行スパン2に囲まれた部分です。この雲は、過去に株を買った人が26

週後に売却するときの平均的な採算ラインと解釈できる。

飛行機と同じで、雲の上にあれば晴天で株価は上昇トレンド、雲の下なら荒天で上がりにくく、雲の中はもみ

合い相場である。

 

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO